AGA治療薬のプロペシアの特徴について

  • AGA治療薬のプロペシアの特徴について

    • AGAの症状に悩まされている男性は、日本国中に数多くいると考えられています。


      若い年齢のうちから薄毛が進行してしまうAGAは、世界的に原因が解明されていると言えますので、専用の治療薬が開発されていて、日本でも処方を受けることができます。

      男性型脱毛症の改善を行えるAGA治療薬として、有名なものにはプロペシアがあります。AGAの場合には男性ホルモンの影響によって、ヘアサイクルが短くなってしまう特徴がありますが、プロペシアは抜け毛の原因を作ってしまう5αリダクターゼの働きを抑制させる効果があるために、AGA治療薬として高い効果を発揮することができます。
      世界的にプロペシアを服用することによって、抜毛や薄毛の症状が改善したという報告が数多くありますが、その効果に関しては個人差があると言えます。

      プロペシアの効果としては、後退が始まっていた生え際に産毛が生えたという報告が最も多く、劇的に髪の毛が生えてくることを期待できるというわけではありません。
      また、プロペシアはAGA治療薬で医薬品となりますので、一定の副作用を発症するリスクがあります。

      代表的な副作用といしては、性欲の減退や乳房の肥大、肝機能障害などを挙げることができます。

      発生頻度としては、性欲の減退を発症した人の割合は1%から5%未満、勃起不全の症状を発症した人は1%未満、乳房の肥大や肝機能障害に関しては日本国内での発症頻度は不明となっています。AGA(男性型脱毛症)は、前頭部もしくは頭頂部に現れる脱毛症のことで、男性にいちばん多い脱毛症といわれています。
      全国で1260万人が症状に悩んでいるとされ、中高年の男性だけでなく、20〜30代でも発症することがあります。

      AGAは、加齢によって起こる男性ホルモンの影響や遺伝が主な原因とされていますが、ストレスや過労が原因になり、自律神経の乱れやホルモンバランスを崩すことから、頭皮の血行が悪くなることで発症することもあります。

      また、食事や生活習慣の影響も受けやすく、進行を早めてしまうこともあります。髪の毛はタンパク質やミネラル、ビタミンなどを栄養にして育っているので、栄養バランスのとれた食事をすることが大事ですし、喫煙や過剰な飲酒は栄養を偏らせたり、血管を縮小させてしまうため、頭皮の血行を悪くしてしまいます。


      食事や生活習慣を見直すことで、AGAの予防や対策になるので、注意しましょう。


      AGA治療は、個人の原因に合わせて治療方法が違うため、専門医による診断が必要になります。

      自分に合ったAGA治療を行うことが重要ですので、市販の育毛剤や内服薬などを自己判断で使用するのは、症状を悪化させることもあるので、注意しましょう。

      近年ではAGA治療専門のクリニックも増えていて、無料でカウンセリングを行っているところも多くあります。

      費用や治療方法など不安なことがあれば、まずは悩みだけでも相談してみるとよいでしょう。

      大阪のわきがの比較が最近こちらで話題になっています。

      町田の審美歯科に関する問題解決をサポートいたします。

      多発性脱毛の治療の有益な情報をお届けします。

      銀座の歯医者の評判情報選びはインターネットで行う時代です。

      渋谷のしわについて知りたいならこちらです。

      http://matome.naver.jp/odai/2140231920138870201

      http://okwave.jp/qa/q3338063.html

      http://top.tsite.jp/news/beauty/o/27365465/

  • 関連リンク

    • 1960年代に血管拡張剤として開発された成分として、ミノキシジルというものがあります。高血圧症を改善させる効果がある医薬品として元々は使用が行われていましたが、服用を行っていた患者から毛髪が増加したという報告が多くあったことで、現在では発毛促進成分として認知されています。...

    • 最近多い薄毛の形として、AGAと呼ばれる男性型脱毛症というものがあります。薄毛の症状に関しては原因は、それぞれの個人差によって様々なことが考えられますが、若い世代の男性が薄毛を発症しているときには、高い確率でAGAであると言えます。...